侵襲性髄膜炎菌感染症についてのニュース news epitomenews



コメントはこちら




報道によると

サノフィ、侵襲性髄膜炎菌感染症の予防ワクチンが日本でも使用可能に、疾患概要や予防ワクチンの必要性や接種タイミングなどを説明 - マイライフニュース Mylife News Network

サノフィ、侵襲性髄膜炎菌感染症の予防ワクチンが日本でも使用可能に、疾患概要や予防ワクチンの必要性や接種タイミングなどを説明
マイライフニュース Mylife News Network
サノフィは、5月18日に国内で販売開始した侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD:Invasive Meningococcal Disease)予防ワクチン、「メナクトラ筋注」(一般名:4価髄膜炎菌ワクチン(ジフテリアトキソイド結合体))に関するプレスセミナーを7月3日に開催した。セミナーでは、川崎医科 ...


セクシー男優の疑問を感染症医がずばり解決 - 日経メディカル (登録)

日経メディカル (登録)

セクシー男優の疑問を感染症医がずばり解決
日経メディカル (登録)
感染症の確実な予防方法は性行為を避けることですが、現実的とはいえません。今回、感染症について対談するのは、職業的にも性感染症についていろいろ聞きたいことがあるという、アダルトビデオ出演歴19年目のしみけん氏と、性感染症を含む感染症全般を専門とする忽那 ...

続きを読む

日本初の肺炎予防用小児肺炎球菌ワクチン - nikkei BPnet

nikkei BPnet

日本初の肺炎予防用小児肺炎球菌ワクチン
nikkei BPnet
2015年3月26日、細菌ワクチン製剤のシンフロリックス水性懸濁筋注の製造販売が承認された。適応は「肺炎球菌による侵襲性感染症および肺炎の予防」であり、初回免疫として1回0.5mLずつ3回、いずれも27日間以上の間隔で筋肉内に注射する。追加免疫としては1回0.5mL ...

続きを読む






関連画像

侵襲性髄膜炎菌感染症の発生動向、2013年第13週~2014年第52週

侵襲性髄膜炎菌感染症の発生動向、2013年第13週~2014年第52週
髄膜炎菌ってなに?|よくわかる髄膜炎菌

髄膜炎菌ってなに?|よくわかる髄膜炎菌
侵襲性髄膜炎菌感染症の発生動向、2013年第13週~2014年第52週

侵襲性髄膜炎菌感染症の発生動向、2013年第13週~2014年第52週

関連情報

母親と小児科医を対象に「侵襲性髄膜炎菌感染症」に関する意識調査を ...

2015年7月3日 ... 母親と小児科医を対象に「侵襲性髄膜炎菌感染症」に関する意識調査を実施. - 母親は「
医師から薦められたら」、小児科医は「保護者から求められれば」 -. ~任意接種
ワクチンについて互いの意識のギャップが明らかに~. サノフィ株式会社( ...

近年の侵襲性髄膜炎菌感染症の国際的な発生動向

髄膜炎菌による健康被害は、世界的には髄膜炎ベルトを中心に甚大である。本稿
においては、近年の侵襲性髄膜炎菌感染症の発生に関する国際的な動向について、
文献情報を中心にまとめる。 髄膜炎ベルトの国々 アフリカ大陸における髄膜炎菌ベルト
 ...

健康保健センターニュースNo.8『侵襲性髄膜炎菌感染症の発生がありま ...

2017年1月30日 ... 侵襲性髄膜炎菌感染症の発生がありました! 健康保健センターニュース No.8.
はじめに. 昨年の2016年9月5日に比較的稀な感染症である侵襲性髄膜炎菌感染症
届出が神戸市にありました。 髄膜炎菌性髄膜炎は昭和20年代までわが国 ...


関連したネットの声

2017/08/02 14:20
@morimorimorioc1
RT @YahooNewsTopics: 【防衛大寮の学生 感染症で死亡】防衛大の学生寮に住んでいた10代の男子学生が先月、「侵襲性髄膜炎菌感染症」で死亡。共同生活を行う10代が最もリスクが高いとされており、ほかにも10人から髄膜炎菌を検出。 https://t.co/m9JK…
RT @YahooNewsTopics: 【防衛大寮の学生 感染症で死亡】防衛大の学生寮に住んでいた10代の男子学生が先月、「侵襲性髄膜炎菌感染症」で死亡。共同生活を行う10代が最もリスクが高いとされており、ほかにも10人から髄膜炎菌を検出。 https://t.co/m9JK…
RT @YahooNewsTopics: 【防衛大寮の学生 感染症で死亡】防衛大の学生寮に住んでいた10代の男子学生が先月、「侵襲性髄膜炎菌感染症」で死亡。共同生活を行う10代が最もリスクが高いとされており、ほかにも10人から髄膜炎菌を検出。 https://t.co/m9JK…

シェアボタン



関連ニュース