中村文則についてのニュース news epitomenews



コメントはこちら




報道によると

桃井かおり監督作「火 Hee」原作者の中村文則、又吉直樹はどう見た?トーク映像公開 - エイガドットコム

エイガドットコム

桃井かおり監督作「火 Hee」原作者の中村文則、又吉直樹はどう見た?トーク映像公開
エイガドットコム
映画.com ニュース] 芥川賞作家・中村文則氏の短編小説「火」を、桃井かおりが監督、脚本、主演を兼ねて映画化した「火 Hee」の公開を記念し、桃井と中村氏、「火花」で第153回芥川賞を受賞した又吉直樹によるトーク映像が公開された。 公開された映像では、「火 Hee」という ...
桃井かおりを原作者の中村文則が絶賛「100パーセント桃井さんの世界観」―映画『火 Hee』初日舞台挨拶T-SITEニュース
「火 Hee」初日舞台挨拶の様子。ナタリー
桃井かおり「芸能界にいて良かった」 SMAP解散報道については「それは全然答えたくないの」テレビファン・ウェブ
産経ニュース
all 29 news articles »

桃井かおりさん できること、増えている - 日本経済新聞

日本経済新聞

桃井かおりさん できること、増えている
日本経済新聞
ロサンゼルスに拠点を移して10年。かの地で中村文則原作「火 Hee」(公開中)を監督、主演した。長編の監督は「無花果の顔」以来10年ぶり2作目。 挑戦的な映画だ。幼い頃に火事で両親を亡くした売春婦(桃井)が、ある容疑のため精神鑑定を受ける。女は精神科医の前で過去 ...


桃井かおり:監督2作目は「夫に会っていなかったら作れなかった」 - 毎日 ... - 毎日新聞

毎日新聞

桃井かおり:監督2作目は「夫に会っていなかったら作れなかった」 - 毎日 ...
毎日新聞
「あいち国際女性映画祭2016」が7日、愛知県内で開幕し、オープニング作品として女優の桃井かおりさんの監督・主演作品「火 Hee」が名古屋市内で上映された。桃井さん ...

続きを読む






関連画像

中村文則に関する記事 | 飯田橋文学会

中村文則Aインタビュー-thumb- ...
スペシャルレポート Vol.2 日本の文学を海外の文学賞が注目 | SUGOI JAPAN

... 賞を受賞した中村文則さん。
中村文則 | 純文学と本格ミステリーを”同在”させて大きくする ...

中村文則

関連情報

中村文則 おすすめランキング (60作品) - ブクログ

著者「中村文則」のおすすめランキングです。中村文則のおすすめランキング、人気・
レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック!
プロフィール:中村 文則なかむら ふみのり)。1977年9月2日生まれ。愛…

『教団X』以外にどんな作品がある? 中村文則の全作品を紹介 | ダ ...

2015年8月26日 ... 1977年9月、中村文則は愛知県で生を受けた。2002年10月、『銃』で純文学の新人賞
を受賞し、彼は小説家になった。そして、2014年12月。自他共に認める「最高傑作」にし
て「代表作」、全570ページの過去最長長編小説『教団X』を完成 ...

楽天ブックス|著者インタビュー - 中村文則さん『土の中の子供』

今週の著者インタビューは27歳という若さで芥川賞を受賞した中村文則さん。受賞作『土
の中の子供』は、幼児期に虐待を受けた過去を持つ青年が、やはり心に傷を持つ女性と
出会うという物語。受賞間もない中村さんにお話をうかがいました!


関連動画

中村文則さん第4回「作家として生き残れる人、そうでない人」

ゴロウ・デラックス【原作者・中村文則&監督/主演・桃井かおり登場】 16 08 18

パク・ソンウォン×中村文則 初のトークショー


関連したネットの声

RT @fujitv: 深夜0時35分~の『タイプライターズ~物書きの世界~』今最も熱い小説家ピース又吉直樹&NEWS加藤シゲアキがMCを務める物書きたちのバラエティー第四弾▼人気作家・中村文則と新橋で居酒屋をブラリ…意外な素顔 #fujitv https://t.co/mGD…
ところで中村文則さんの小説の後書きにどんなきつい話でも「共に生きましょう」って書いてあるってやばすぎじゃないですか?頑張って読み切って生きてみたいよ!買うかな!あとコンビニ人間!(その前にチュベローズとかシゲアキさん作品で読んでないものと卒論の資料を読め)
2016/09/22 02:09
@IamJunkoOnishi
「大西さんとは互いの作品の感想を言い合い“異文化交流”らしきこともしますが、会話の中心は下ネタなどくだらない話(笑)。大西さん、かなりふざけた人なのにクールビューティに見えるからズルいんです」 「ブルータス」2015年10月1日号より。作家の中村文則の言。

シェアボタン



関連ニュース